2015年9月アーカイブ

不妊かなと思ったときには、基礎体温の管理から初めてみると良いでしょう。
簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性のホルモンバランスの変化が推測できて、不妊治療の大切なきっかけになりますからす。
基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。
経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというルールもあるので、そのままにしていくのが大切です。
最初の1か月は慣れるつもりで初めてみましょう。
妊娠を希望する人は、妊活中に適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
その記事によると、葉酸は、胎児がゲンキに成長するための重要な成分らしいです。
妊娠した段階から不足しやすい成分だ沿うなので、妊活中からの摂取がもとめられているようです。
ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにもふくまれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、沿ういう場合はサプリを利用すれば良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。
食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んでゲンキな赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。
妊婦の方の中でも、葉酸を自然な食べ物をとおして摂取しようと葉酸を多くふくむ代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方もいらっしゃると思います。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理のために加熱することで熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。
結果的に、摂取量が不十分かもしれませんので、気を付けてちょうだい。
また、葉酸は高齢出産のリスクを気にしている方にもおすすめです。
高齢出産のリクスを下げる
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時にサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。
彼女はベルタの葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。
葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと知っていたので、妊活中の彼女に勧めておきました。
友達には悲しんで欲しくないですし、ゲンキな赤ちゃんの顔を見せて欲しいなって願っています。

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。